親権の行方について

結婚をしたときの一番の幸せは子供を授かることです。
不妊で悩む夫婦が多い中、子供を授かることができることは本来ならとても幸せなことです。
子供を2人で育て家庭を築いていくのが一番の幸せな理想の家庭といえます。
しかし結婚生活を続けていく途中でうまくいかなくなってしまい離婚を選択する夫婦もいます。
離婚をするときに問題になってくるのが子供の親権です。
どちらが子供を引き取り育てるかということを夫婦で話し合い決めなくてはいけません。
また夫婦で話し合いがつかなかった場合、裁判でどちらが子供を引き取ることができるかということを決めます。
今までの子供と接してきた時間や経済力、そして子供がどちらの親についていきたいかということが判断基準となります。
通常母親が引き取ることが多く、父親が養育費を払うケースがほとんどです。
しかし母親が育児放棄をした場合は父親が子供を引き取るケースもあります。
また離婚は子供にとってとても負担が大きいものとなります。
結婚をしたあとに離婚を考えた場合でも子供の存在を考慮し離婚しない夫婦もたくさんいます。
子供にとって一番幸せなのは両親がいつまでも仲良く共に過ごすことです。
従って結婚する前に一生ともに生きていく自信がある人と結婚をするべきです。