離婚と子供

慰謝料などの離婚の争点の中で、一番大事なのは子供のことでしょう。親権者を決めなければ離縁することは出来ません。どういう理由で離縁することになったとしても、環境が激変する我が子のケアを一番に考えるべきです。
どちらが親権を取るかで泥沼になった場合は、親権と監護権を分けるという手段もあります。これは、相手方が親権にこだわり、なかなか離縁に応じてくれない場合に有効です。親権は子供の法律上の代理人となり財産などを管理することができます。一方、監護権とは、子供の身の回りの世話をしたり、教育などをする権利です。つまり、親権が無くとも我が子と暮らすことが法的に認められるのです。監護権者を決めずに親権の無い親が子を育てていた場合、親権を持つ親に要求されれば大人しく我が子を引き渡すしかありませんので、そういったことのないようにしておきたいものです。
また、親権や監護権を持たず、我が子と暮らせない親には面接交渉権があります。法律上明文化されてはいませんが、裁判所でも実務上認められている権利です。面接交渉権は籍が入っている状態でも、別居中なら申し立てることができます。面会の場所や時間、会う方法などを設定しておきましょう。