離婚の準備内容

近年は、離婚が増えていると言われます。しかし、しようとしてすぐにできるものではありません。市役所に届出をして成立させる前に、準備しておくべきことがいくつかあります。
夫婦で別れることを同意したら、その後のことについて話し合いをして取り決めをしなければなりません。子供がいる場合は、親権はどちらがとるか、養育費の額について、また、財産分与、更に、不貞行為があった場合などは慰謝料についても話し合う必要があります。これらの取り決めについて、協議、つまりお互いの話し合いによって折り合いがつかない場合は、家庭裁判所での調停に持ち込まれることになります。
また、妻が専業主婦であった場合などは特に、別れた後の経済的な基盤についても準備しておく必要があります。別れる前に仕事先が決まっていれば理想的ですが、子供が小さいうちで預け先がない場合などは、しばらくは働かずに生活保護でやっていく選択肢もあります。また、一人親家庭が受けられる支援などを、充分に活用できるよう、前もって調べておく必要があります。市役所や公的機関などでは、関連した冊子などが配布されていますし、事前の相談なども行っているので、受けられる制度などを把握しておきましょう。