パーティーとご祝儀!それって必要?

披露宴への参列などご招待と、二次会などパーティーへの参加が重なった場合には、ご祝儀も会費も両方の用意が必要になります。
たとえば披露宴の主催者は両家、パーティーの主催者は有志(ご友人など)と、主催者が別れていることが多いためです。
一般的な披露宴の場合、夫婦でのご参列ですと東京近郊での相場は5万円。二人分の金額をひとつの祝儀袋にまとめて、ご主人のお名前を表記します。
なお、北海道の一部地域では披露宴でも「会費制」となっていたり、中部の一部地域では相場が特殊だったりするケースもありますので、お近くにご相談できる方がいらしたら、お尋ねになると今後の勉強になるかと思います。

パーティーの会費の場合、会費は「おひとり○○円~」などと招待状の添え状などに記載してあるかと思います。
もし、記載がなければ幹事さんに聞きましょう。幹事側もお釣りを極力少なくしたいと考えておりますので、失礼には当たりません。結婚式の二次会の場合、平均的におひとり5千円~1万円程度の会費設定が多い模様ですが、カンパの形で有志が自由に集めていたり、無料と銘打って自己負担でご招待される新郎新婦もいらしたりと、パーティー会費は千差万別です。