慰謝料を請求する場合

夫婦が離婚する場合、夫と妻のどちらの立場であっても考えなければならないのが慰謝料です。
請求するにも準備が必要ですし、請求しない場合でも“請求しない”と明言しなければなりません。
請求しない場合、相手からその旨の書面を求められることもありますし、双方で請求しない書面を取り交わすこともあるでしょう。
離婚とは正式は法的手続きですから、すべてのことにおいて正式な書面がついてまわることは認識しておく必要があります。
そのためにも、離婚する前から請求するか否かをきちんと決めておきましょう。
また、請求する場合はもちろん、何に対して請求するのかを明確にしておかなければなりません。
精神的な苦痛に対しての請求はよく耳にしますが、これは相手が不倫をしていたことによる、こちらが受けた苦痛や金銭的な苦労、また夫婦の間の子供がいればその子供が受けた苦痛に対して、というものがあります。
さらに、子供の親権を持つことになるなら、離婚の原因を作ったほうに対して請求することもあります。
誰がどのような原因を作って離婚に至ったのか、それに対しての請求ですから、間に入ってくれる弁護士などとよく相談して論点がズレないように請求する必要があります。